特許取得(米国 No.5888071号、国内 No.3820421号)
トフルスコアiBT 80-99点(PBT600点)以上を目指す方のために開発されたソフト。

◆専門家集団「英語総合研究所」によって精選された2000単語
TOEFLテスト研究家として著名な英語総合研究所の阿部一所長を中心として、 トフル指導に17年間も携わってきたTOEFL専門のProfessor達が、自信を持って提供する2000単語です。

英語総合研究所の阿部教授とは…

20年以上に渡って大学の英語教育プログラムの向上に尽力された先生です。また、国際交流の責任者としては獨協大学国際交流センター長も歴任されました。

また、NHKラジオ「基礎英語3」の元講師としては特に著名な先生で、文部科学省をはじめ、英検や各都道府県の教育委員会・教育センターなどで、日本人教師や外国人講師に150回以上の講演会、研修会、ワークショップなどを行っています。

最新理論に基づいた “分かりやすく使いやすい” 各種の指導テクニックの研修会は特に定評があります。

◆TOEFL® Web学習教材を申込されると、

TOEFL®実践英単語の2000語を完全習得する『 TOEFL Test 実践英単語2000 』のTLT学習と、
今なら、希望者にサービス特典が付きます。
TOEFLライティング対策として、専門ProfessorによるTOEFL添削指導とライティング診断を実施します。

◆いよいよTOEFL® テストが本格化しました。

TOEFL®テストの特徴
受講者にとって、もっとも大きなiBT-TOEFL®の特徴は、Speaking(話す)のセクションです。

さらに、従来のテストでは、
リスニングセクションであればリスニングのみ単独の問題形式(Independent Task)のみでしたが、
iBTでは、いろんなスキル(Listening, Reading, Writing, Speaking)の組み合わせにより出題されるIntegrated Taskが導入され、
英語力を総合的に評価するようになりました。
Integrated Taskをいかに攻略するかが、TOEFL®テストでは良い点をとるカギとなっています。

Speaking(話す)、Listening(聞く)、Reading(読む)、Writing(書く)を試すテストに必要なのが、
語彙力の強化です。

つまり、

TOEFL®Test攻略のまず第一歩は、
しっかりとしたTOEFL®Test用の語彙力を固めることなのです。

Web学習教材 [インターネットによる学習教材です]